保存的治療

天然の歯を守る 天然に勝るものなし

天然の歯を守る。天然に勝るものなし

当院では可能な限りお口を天然の状態で維持したいと考えております。

歯や歯肉、口を動かす筋肉などお口を支える組織は色々な役割を持っています。

もしも既に無くなっている歯なら、入れ歯やインプンラントで補綴するのは、とても有効な治療だと思います。しかし有効な治療でも天然の歯や歯周組織が持つ能力には人工物で真似するのは不可能だと思います。

だから、今現在病気になっている歯や歯肉があれば、なるべく治癒を促して天然の歯を使えるようにしたいと考えております。回復可能と思われれば歯を抜いたり歯の神経をとったりしないような治療することを心掛けています。

どうすれば良い状態を長持ちできるか

患者様には、一生涯を通じ、ご自身の歯で美味しく健康的な食生活を笑顔で送っていただきたいと考えております。

患者様のお口の中を総合的に判断し説明し一緒に「どうすれば良い状態を長持ちできるか」を考えていきたいという思いから、治療説明にはある程度のお時間をいただき、お話ししています。

保存治療の内容

親知らずの欠損部への歯の移植

親知らずの欠損部への歯の移植
  • むし歯で露髄してしまった歯の神経温存処置
  • 出来るだけ天然歯質を削らない接着治療を多用

予防的歯科メンテナンス

予防的歯科メンテナンス

定期的なメンテナンスを受けている方と受けていない方の歯の生存率には大きな差が認められます。

定期的な検診でむし歯や歯周病の予防的歯科メンテナンスを受けることをお勧めしています。

治療例

不必要と思われていた歯を有用な歯へ

  1. ブリッジを外し欠損部へ余った埋伏智歯を移植することで一箇所に負担がかかり過ぎない全体の調和のとれた長期安定の咬合を得られます。不必要と思われていた歯を欠損している場所へ移植することで有用な歯へ。かつ人工物のすくない口腔環境も整えられます。
  2. MTAセメントなど生体親和性に優れた最新の材料で今まで保存が困難だった露髄症例の長期安定を図ります。