減痛治療

少しでも患者様に痛みの少ない治療を

DSC_4071

皆様が歯医者に行くことになってしまったとき思うことはなんでしょう?

「痛いのかな」、「怖い」といったイメージを連想されると思います。

誰しも痛みを伴う治療はされたくないものです。

しかし、すべて患者様が痛み感じずに無痛治療を受けられることは現在の歯科医療では可能とは言えません。

痛みを最小限に減らすために歯科医療は日々進歩を遂げながら昔の治療よりは痛みを軽減できるようになってきています。

そして私達、歯科医師も少しでも患者様の苦痛を取り除くためにすべの患者様に無痛治療を提供できるように日々研鑽を積んでおります。

麻酔注射はなぜ痛く感じるの?

当歯科医院では、患者様の痛みが少しでも和らぐように、治療をするときに麻酔に工夫をしております。

歯科治療で麻酔注射をされたときにチクっと痛く感じる方は多いかと思います。それはなぜでしょう?

それには2つの理由があります。

  1. 注射針が歯肉へ刺入するときの最初の『チクッ』と感じる注射針によるもの
  2. 麻酔の薬液が歯肉に入ってくるときの圧力によるもの

これら2つの要素を軽減すれば、麻酔の痛みは最小限に抑えることは可能と言えます。

当歯科医院の痛みの少ない麻酔のポイント

当歯科医院では患者様の麻酔注射の痛みを抑えるためにいくつかの工夫があります。

これらの工夫をすることにより患者様の麻酔注射に対する痛みは最小限に抑えることができます。

  1. 麻酔の注射をする前に特殊な表面麻酔(塗る麻酔)をします。
  2. 麻酔液の温度を体温に近づけることにより痛みを和らげることができます。
  3. 麻酔を打つ時は極細の注射針を使用します。
  4. ゆっくり数回に分けて麻酔液を注入することで歯肉への圧力を軽減させます。
  5. 電動麻酔器を使用すること。

これらのことをおこなうと痛みはかなり抑えられます。

患者様によっては無痛の状態で治療をすることも可能です。

痛みが苦手という方は遠慮せずに担当医にご相談ください。

金属除去用装置(ECR:イージークラウンリムーバー)

ecr

ECRは補綴物を再利用可能な状態で、削らずに取り外すことが可能です。

患者さんにとって苦痛を感じる治療の1つに、銀歯の取り外しがあげられると思います。金属を壊して取り外すため、患者さんへの痛みがないようにと細心の注意を払ってきました。

当歯科医院では少しでも患者さんへの不快感を減らすため、ECRを導入いたしました。金属をほとんど削ることなく、補綴物の除去が可能なとても画期的な装置です。