歯周病治療

歯周病とは?

歯周病とは?

歯周病とは、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)や歯石の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。

歯と歯肉の境目についた歯垢や歯石から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していき、最悪の場合、歯が抜けてしまいます。

歯周病は決して高齢な方にのみ起きる現象ではありません。35歳で80%以上の方が歯周病になっていると言われていますが、実は10代のころから少しずつ進行しているのです。

危険信号は?

  • 毎日の歯磨きで出血する
  • 歯肉が赤く腫れている
  • 歯肉が何となくゆるんでいる感じがしたりする
  • 口臭が続いていて気になる
  • 何となくどこか、痛い・かゆい・不快だと感じる
  • 歯がぐらつく
  • 歯が伸びてきた
  • 歯の位置が移動してきた

こんな症状のあるかたは要注意です。歯周病は最初、痛みを伴わずに進行していきます。ほとんどの人は、歯肉から血が出る。腫れた。

といった自覚症状を感じてからはじめて来院されますが、このような症状があるときは、かなり進行した状態です。

歯周病は歯磨きでは防げません

歯周病は歯磨きでは防げません

毎日の歯磨きをしていれば歯垢の除去はある程度可能ですが、歯石の除去はできません。歯石は歯の周りに軽石のような性状で強固に歯に付着します。

歯石とは、唾液中のカルシウムなどが沈着することにより自然に出来ます。

そして一度付いた歯石は医院で除去しないと取れません。

定期検診の最大の目的は、この付着した歯石の除去です。

同時に初期虫歯も有無もチェックします。

当院では歯周病治療を行うと共に、歯周病予防、ブラッシング指導などのお手伝いもさせていただいております。現在、虫歯がない方も歯石除去の為に定期検診に来ていただければ気付かないうちに歯周病が進行して歯ぐきから血が出てくる・・と言った事態を避けることが出来ます。

歯周病が糖尿病や心臓疾患などの全身疾患を引き起こすことがあるのは確証されています

歯周病の進行過程

正常な場合 歯周炎 軽度歯周病
中度歯周病 重度歯周病 歯周病末期

歯周治療は全ての土台

歯周治療は全ての土台

歯周組織は、歯を支えるものです。
歯肉や顎の骨の状態によって、全ての歯科治療は影響を受けます。歯周組織の安定、すなわち歯周病治療なしに、最先端の治療も、美しい治療もありえないのです。

歯周病の原因はプラーク

プラークとは、歯にへばりついた歯垢のことです。歯垢は細菌のかたまりで、この細菌が歯肉や顎の骨などの歯周組織に炎症を起こします。プラークコントロールは、プラークを定期的に除去することをいいます。正しい歯みがきをすることで、プラークは除去できます。歯周病の最大の予防法・治療法は、歯みがきです。当歯科医院では、歯周治療の一環として、歯みがき指導を行なっています。正しい歯みがきの方法、歯ブラシの選択、歯みがき剤の正しい使い方などをご説明いたします。

口腔内の細菌をチェック

口腔内には数百種類の細菌が生息しています。
こうした口腔内細菌が虫歯や歯周病といった歯を失う原因となっているのです。
当医院では、位相差顕微鏡という特殊な顕微鏡を使用して口腔内の細菌の種類や量等を観察します。
歯周病の原因となる細菌は口腔常在菌といって健康な状態であっても存在する細菌なので、歯周病治療を行ったとしても全ての歯周病細菌をゼロにはできませんが、数を減らすことにより歯周病の活動を抑えたり、再発を少なくすることにつながります。

歯周病が進んでしまった方のために(初期・中程度)

歯周病の進行を止めるためには、細菌感染の除去が必要になります。そのためには専門の器具を使用して、歯の根っこについた歯石を除去する必要があります。必要なときには麻酔を行い、担当の歯科衛生士が歯石を除去していきます。

歯周病が進んでしまった方のために(重度)

歯周病が進み、骨吸収が重度に進んでしまった場合、歯科医師が炎症を起こしている歯肉をメスで切り取り、歯の根っこについた歯石をとる場合があります。

根気良い治療が必要

歯周病が骨にまで及んでしまう主な原因は、歯垢、歯石です。原因となる歯垢、歯石を除去し、適切な処置を行なうことで、かなり進んだ病状も回復する場合があります。指示を守っていただき、根気よく治療を続けることが必要です。

歯周治療は確認が必要

歯周治療の流れの中で、大きなポイントとなるのが評価です。
評価とは、治療の効果を判定することです。
基本的には、最初の診査と同様のことを行い、問題点が改善されたかをみていきます。