院長インタビュー

より良い治療と予防を提供し、高津の皆さんのお口の中の健康を維持する

一人ひとりに合った治療・予防を提供する

~川崎市高津区で開業された経緯・動機を教えてください。

山井 裕生 院長

山井 裕生 院長

色々な街を歩いて、開業先をこの地に決めました。この街の人たちの明るさや雰囲気などがとても心地よく、高津にお住まいの方々に貢献したいと思ったのがきっかけです。

~開業当初と比べた現在の患者さんのニーズの変化、診療傾向の変化を教えてください。

「できるだけ天然の歯を残したい。むし歯になりたくない。歯周病を治したい。」とお考えの患者さんが以前より増えてきたと感じます。

~かかりつけ医や定期管理が歯科医院では常識になりつつありますが、患者さんのライフステージに合わせた治療・予防をどのように実践していますか?

当院では、長期に渡って患者さんのお口の中が健康な状態を維持していくことを目標にしています。
歯、歯肉、咬み合わせなどを診査・診断し、患者さん一人ひとりに合った治療と予防をおすすめできるように、スタッフ共々努めています。
乳児、幼児、混合歯列期のお子さん、思春期のお子さん、学生の方、30~40代、50~60代、高齢の方と年代によって、また患者さんの希望で治療・予防方法は変わるため、総合的に判断して治療をご案内できるよう心がけています。

~歯科も全身との兼ね合いを要求される時代になりましたが、基礎疾患(高血圧症・高脂血症・糖尿病等)を抱えている患者さんの診診連携について教えてください。

当院では基礎疾患を抱えていらっしゃる患者さんの治療の際は、必要があれば主治医と連絡を取り合い、安全に治療を進めています。
患者さんの体の小さな不具合を察知し、より良い治療を受けていただくため、当院の小児歯科医、歯科麻酔医、障害者歯科医、矯正歯科医と共に診査・診断し、安全・確実な歯科診療を受けていただけるよう努めています。

小児歯科医によるお子さんの診療

~貴院では週に一度の小児歯科医による診療や、保育園での歯ブラシ実習を行われていますが、お子さんへの治療で気をつけていること、大切なことを教えてください。

小さな頃からお口の健康のコントロールができることは、ご本人にとってもそのご家族にとっても、とても大切なことだと考えています。そのためには、継続的な定期検診が重要です。当院では小児歯科医の指導のもと、お口の中の健康を維持できるよう保護者とご本人のプラークコントロールの実践を第一にし、むし歯の治療を行う際はお子様の負担ができるだけ少なくなるよう安全な治療を行っています。

小児歯科担当の小林久乃

小児歯科担当の小林久乃

小児歯科担当の山田裕之

小児歯科担当の山田裕之

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_l

お子さんが治療を嫌がる原因の一つに、保護者の方の歯科治療に対する「痛いよ」、「注射されるよ」などのマイナスな言葉かけがあります。
ご本人、その保護者の方、我々が一体となって、お子様の健康のための治療ができるよう色々な環境作りから始めさせていただきたいと思っています。

継続的な予防管理は重要

~患者さんとのコミュニケーションで心がけていることを教えてください。

丁寧でわかりやすい説明を心がけています。

丁寧でわかりやすい説明を心がけています。

患者さんは不安を持って、歯科医院に来院されます。まず我々が出来ることは、礼儀正しさを持って笑顔でお迎えすることです。そして、正しい診査・診断に基づいた説明・治療に努めています。

~貴院のスタッフ構成を教えてください。また、スタッフ教育・採用・マネージメントで気をつけていることを教えてください。

患者さんが通いたくなる医院作りに努めています。

患者さんが通いたくなる医院作りに努めています。

歯科医師
山井、桐本、山田、吉野、杉澤、小林
歯科衛生士
原口、芹田、村田
受付
狩野
歯科助手
松下、小室、恩田

社会人として最低限のマナーを身につけてもらうため、当院のスタッフはマナーセミナーを受講しています。また、スタッフ一人ひとりのスキルなどを伸ばすための講習会にも参加しています。

~メンテナンスの時にむし歯と歯周病以外にチェックしていることはございますか?

ブラキシズム(歯ぎしり、食いしばり)の悪化や咬合状態の確認をしています。また、全身疾患があれば歯科治療を行う上での注意点を確認します。

~患者さんにメンテナンスを継続的に行ってもらうために、どのような工夫をしていますか?

模型を用いたブラッシング指導

模型を用いたブラッシング指導

お口の中の健康を維持していただくため、メンテナンスの必要性の説明、定期検診ハガキの送付、歯ブラシプレゼント、メンテナンスの通院回数をなるべく減らす、などを実践しています。

~消毒、滅菌で設備費用を投下しているもの、もしくは気をつけていることを教えてください。

エキスカやバットなどへのセメント付着が無いよう、洗浄後に器械で研摩し、さらに洗浄滅菌を行っています。また、できるものは全てディスポーザブル(使い捨て)にしています。

予防を見据えた診療と積極的治療の両立

~休みの日は何をされていますか。

子どもと遊んだり、読書や勉強、合気道の稽古をしたりしています。

~子どもの頃の患者としての歯科体験で、現在の臨床に活かしていることはございますか?

定期的にメンテナンスをしましょう。

定期的にメンテナンスをしましょう。

幼少期のメンテナンスで歯科衛生指導らしいものは受けていないため、メンテナンスの重要性を実感しています。
良い状態の患者さんにはそれを維持するべく定期検診を、不具合がある患者さんには長期間安定する治療を行い、メンテナンスに移行できるようにしています。

~歯科大での学びや勤務医時代の経験で、現在の臨床に活かしていることはございますか?

勉強して失敗や努力したことが実を結ぶので、さらに歯科医療について勉強し、より良い治療を患者様に受けていただきたいです。
また、患者さんが安心できる環境であることが、お互いにとって良い治療となると考えているので、診療室は明るく清潔でリラックスできる雰囲気を心がけています。

~歯科医師になろうと思った動機を教えてください。

小学生の時にテレビで歯科医師の特集を見て格好良いと思い、この道を選びました。

~臨床現場で喜びを感じるのは、どのような時ですか?

患者さんと私の両方が納得できる治療が完了した時、またスタッフの成長を感じた時はとても嬉しく思います。

~最後に貴院の今後の展望・展開を教えてください。

少しでも満足度の高い治療を目指しています。

少しでも満足度の高い治療を目指しています。

より良い治療を継続的に近隣住民の方々に受けていただくために、予防を見据えた診療と積極的治療の両方を充実させ、患者さんが来院しやすい環境を整えていきたいと考えています。